編集日:2020.12.19

ヒゲ剃りによる色素沈着のリスクと対策。徳島のひげ脱毛はQUATTRO HOMMEへ

ヒゲ剃りによる色素沈着のリスクと対策

ヒゲ剃りによる色素沈着のリスクと対策

 ヒゲ脱毛をお考えの男性の皆様は、毎日ヒゲ剃りをすることで色素沈着を起こすという話を聞いたことがありませんか?
 長年カミソリや電気シェーバーなどでヒゲ剃りをしていると色素沈着を起こしてしまう可能性があります。
 ヒゲ剃りをすることで一時的にヒゲは見えなくなりますが、時間が経つとヒゲは成長しますからすぐにまた生えてきますし、ヒゲ剃りをしても青ヒゲが無くならい原因となってしまいます。

ヒゲ剃りを行うとヒゲは濃くなるのか?

ヒゲ剃りによる色素沈着の原因

ヒゲ剃りによる色素沈着の原因

 ヒゲ剃りを行った後の青ヒゲの原因はメラニン色素にあります。
肌のシミやホクロもメラニン色素によってできているもので、お肌を外的刺激から守るという役割があると言われています。
 また紫外線を浴びると日焼けを起こしてお肌が茶色くなる原因もお肌のメラニン色素によるものです。
 これは紫外線を浴びることにより生成される活性酸素から、お肌を守るためにメラニン色素の分泌が活発になるからです。
 このことからヒゲ剃りの後に色素沈着が起こるのは、ヒゲ剃りを行ったことによる物理的なお肌への刺激から守ろうとした結果、お肌が黒くなってしまいます。
 ではできるだけ青ヒゲを起こさないようにどのような対策をすれば良いでしょうか。

生涯ヒゲ剃りに掛かる時間とコストはどれくらい?

ヒゲ剃りによる色素沈着を防ぐ対策法

ヒゲ剃りによる色素沈着を防ぐ対策法

 先ずは、お肌へのダメージを最小限に抑えるために、以下の方法でヒゲ剃りの方法を見直してみましょう。
 
・ヒゲ剃りを行う前にヒゲを柔らかくしておく
・カミソリ、電気シェーバーの刃をこまめに交換する
・ヒゲ剃りを行った後、保湿を行う
・ヒゲ剃りを行う前にヒゲを柔らかくしておく

 まずヒゲ剃りを行う前にヒゲが硬いと一回のシェービングで十分に剃りきれず、同じ箇所を何度も繰り返し剃らないといけなくなってしまいます。
 一度で剃れないと強い力でお肌にカミソリなどを当ててしまいかすから、お肌にもそれだけ強いダメージを与えてしまうことになります。
 ヒゲ剃りを行う前に、ぬるま湯や濡れ濡れタオルなどで十分にヒゲを柔らかくして、しっかりお肌を温めておきましょう。

剃りにくいアゴ裏のヒゲ脱毛について

ヒゲ脱毛で1番人気の鼻下のヒゲ脱毛について

カミソリ、電気シェーバーの刃をこまめに交換する

カミソリ、電気シェーバーの刃をこまめに交換する

 カミソリや電気シェーバーは何度も使っていくと当然刃の切れ味が落ちていくものです。
 切れ味の悪い刃で剃っていてもやはり何度もお肌に刃を当てることになってしまいます。
 また古くなった刃にはシェービングによる皮脂や汚れが付着しており、それらが原因で雑菌も繁殖してしまいがちです。
 古い刃でヒゲ剃りを行うということは刃に溜まった汚れや雑菌をこすりつけることになってしまいます。
 できるだけこまめにヒゲ剃り刃を交換しましょう。

ヒゲ剃りを行った後、保湿を行う

ヒゲ剃りを行った後、保湿を行う

 ヒゲ剃りを行った後は、お肌がダメージを受けて弱くなっている状態です。
 当然お肌表面に刃を当てているわけですから、皮膚を削っているのと同じ行為をしているわけです。
 お肌を削ってしまったことによりお肌表面の皮脂まで取り除いてしまっている状態ですから乾燥肌の原因になります。
 お肌表面の機能低下を補うためにヒゲ剃り後はしっかりと保湿を行いましょう。
 一般的に市販されている保湿クリームや化粧水で全く問題ないですからしっかりとお肌の保湿を続けて行うことが何よりも大切です。

保湿によるヒゲ脱毛の効果とは?