ヒゲの毛周期―頻度や施術ペースは?徳島のひげ脱毛はQUATTRO HOMMEへ

ヒゲの毛周期

ヒゲの毛周期

 体毛に毛周期があるように当然ヒゲにも毛周期は存在します。
 体毛の場合、約3〜4ヶ月程度と言われており、ヒゲの場合は約1ヶ月半〜2ヶ月に1回程度と言われています。
 このことから体毛よりヒゲの方が毛周期のサイクルは早いということが分かります。
 またヒゲは、個人差がありますが約8割が成長期に当たると言われています。
 これがどういうことを意味するかと言うと、ヒゲというのは処理をしてもすぐ生えてきたり、常に顔から見えていたりするのはヒゲのほとんどが成長毛であるため、皮膚の上から露出しているということです。ですからヒゲというのは人間の体の毛の中でも特に活発的な毛というわけです。


ヒゲ脱毛の施術ペース

ヒゲ脱毛の施術ペース

 先程説明したようにヒゲの多くは成長毛であるため皮膚から生え出てきています。
 逆を言えば、脱毛は成長期の毛に効果が出やすいですから、それだけ多くの成長毛に対して効果を発揮できると言えます。
 しかし、ヒゲ脱毛においても他の部位と同じように1回の施術では完了しませんから毛周期に合わせてしっかりと継続していく必要があります。
 ヒゲ脱毛の施術ペースは毛周期に合わせた約1ヶ月半〜2ヶ月くらいが目安になります。
 仮にこのペースより短い期間で施術を行ったとしても効果は出にくく、お肌に負担が大きくなってしまうリスクがあります。
 また、脱毛を初めて最初の時期はこの1ヶ月半〜2ヶ月ペースですが、回数を重ねるごとにヒゲの数が減ってくるため、ある程度回数を重ねると期間をもう少し開ける場合もあります。
 これは施術を行っていくと、毛の成長スピードが緩やかになり、ヒゲが生え揃うまでの期間がかかるようになるからです。

施術間隔が空き過ぎても問題はない

施術間隔が空き過ぎても問題はない

 脱毛を考えている方の中で、どうしても仕事が忙しく1ヶ月半〜2ヶ月のペースで通うのが難しいという状況の方もいらっしゃるかと思います。
 もしそうなった場合、「前回の施術から期間が空き過ぎてしまったら効果が消えてしまうのではないか?」と心配になる方もいるかと思いますが、結論として施術期間が空いてしまったからといって脱毛の効果が消えることはありません。
 逆に、脱毛を早く終わらせたいという理由から期間を詰めて行おうと考える方もいますが、実は、施術期間は多少長めに取った方がより安全に効率的に脱毛を行なうことができます。
 これは施術によって多少なりともお肌にもダメージは伴いますのでお肌の回復期間を設けることができますので、お肌へのリスクを最小限に抑えることができます。また期間を長めに取ることで成長毛が増えますから、一度の施術でより多くの成長毛に効果を発揮することができます。
 ヒゲ脱毛の場合、気長に通いながら脱毛を行うのがかえって効率的であると言えます。
 ですから脱毛サロンやクリニックの場合、多少期間がずれてしまっても問題なく継続して行えば脱毛を完了することができます。

その他のメンズ脱毛の基礎知識を確認する