ヒゲ脱毛の効果には個人差がある。徳島の男性脱毛はQUATTRO HOMMEへ

ヒゲ脱毛の効果の現れ方は個人差がある

ヒゲ脱毛の効果の現れ方は個人差がある

 男性であれば大半の方が生えているヒゲには、生え方や毛質、毛量や生えている範囲など、人によって様々です。
 例えば髪の毛が直毛の方やくせ毛の方がいたり髪の色が違ったり人によってそれぞれ違うようにヒゲにも同じことが言えます。
 そんな個人差のあるヒゲですが、ヒゲ脱毛を行った場合、その脱毛効果には人によって個人差はあるのか気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 その答えはヒゲ脱毛においてその効果には個人差が生じます。
 今回はなぜヒゲ男性において個人差が出るのかをご紹介します。

ヒゲ脱毛の効果に個人差がある理由

ヒゲ脱毛の効果に個人差がある理由

 先ずヒゲ脱毛を行なうにあたって個人差が生じる点としては“脱毛効果”が挙げられます。
 なぜ脱毛効果に個人差がでるかというと、ヒゲの濃さに影響してくるからです。
 当然、ヒゲの生え方や毛の濃さは人によって違ってきますから、効果にも差が出てきます。
 まだヒゲ脱毛についてあまりご存知ではない男性の方からすると、「自分のヒゲは太くて濃いから効果が出にくいんじゃないか?」と思われているかもしれません。
 しかし、実際には太くて濃いヒゲの方が効果は出やすいと言われています。
 これは一般的なレーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛などのメラニンに作用させる脱毛方法において言えることになります。
 レーザー脱毛や光脱毛では、黒い毛に含まれているメラニン色素に反応する特殊な光を使って施術を行います。
 そのため、照射を行うヒゲが濃い方がメラニン量が多く含まれているので、照射する光が反応しやすくなり、効果が出やすくなります。
 逆にヒゲが薄い人や、産毛程度の細い毛などはメラニン量が濃い毛よりも少ないため、照射する光が十分に反応されない場合があります。
 ですからヒゲが濃い人や薄い人によってヒゲ脱毛の効果には個人差が生じてくるわけです。

痛みにも個人差が生じる

痛みにも個人差が生じる

 ヒゲ脱毛において効果には個人差が生じるということが分かりましたが、その他にも施術の際の“痛み”に関しても人によって感じ方が違うため同じ脱毛方法でも個人差が生じてきてしまいます。
 上記のようにレーザー脱毛やフラッシュ脱毛はメラニン量が多い毛の方が反応しやすいという特徴があります。
 このことからメラニンが多く含まれている濃い毛の方がそれだけ照射した時の熱が伝達されやすいので痛みを感じやすいのです。
 ですから、基本的には太くて濃い毛を施術する場合には痛みを感じやすい傾向があります。
 ただし、ヒゲの濃さ以外にも痛みに影響する場合があります。
 それは同じ痛みでも人によって感じ方は違うということです。
 人間が痛みを感じるのは体内の神経によって引き起こされるもので、これは人によって生まれつき体質に違いがあります。
 ですから、同じ度量の痛みでも“痛みを感じやすい人“と”痛みを感じにくい人“とで感じる痛みには差が生じます。
 もし自分が痛みに敏感だと感じている方であれば、一番痛みが少ないとされる光脱毛から始めるのがオススメです。

濃い毛に対して高い効果を実感できる

濃い毛に対して高い効果を実感できる

 男性の毛というのは女性の毛と違って太くて濃い毛の場合が圧倒的に多いです。
 ですから女性と同じような脱毛方法を行っても効果が見込めない場合があります。
 女性脱毛と男性脱毛の両方を行っているような脱毛サロンだと、導入している脱毛器が男性特有のムダ毛に対応しておらずなかなか効果が出ず、メンズ脱毛で通うよりも施術回数や期間が増えてしまう可能性もあります。
 効果については、個人差があるため明確にはお伝えできませんが、メンズ特有の根強い毛に対して効果を発揮できるメンズ専用の脱毛器を導入しているサロンの方が高い効果が見込めるでしょう。

ヒゲ脱毛で生じる個人差の対処法

ヒゲ脱毛で生じる個人差の対処法

 ヒゲ脱毛にはヒゲの濃さや、痛みの感じ方などに個人差が生じることがお分かり頂けたかと思います。
 では効果の出やすい方と同じように効果を出したり、痛みの感じやすい方が痛みを抑えたりする対処法について紹介していきます。
 先ず、ヒゲ脱毛の効果についてですが、ヒゲが薄く効果が出にくい男性の場合は、照射する光の出力をあげて施術を行うという方法が挙げられます。
 ヒゲ脱毛に適した照射出力で十分効果は出ますが、それでも濃いヒゲよりも効果が得られない場合には脱毛器の出力を上げて少ないメラニン量の毛に対してもしっかりと熱を伝達させるようにすれば効果は得やすくなります。
 ただし、出力を上げるということはそれだけお肌へのダメージも大きくなるというリスクが考えられます。
 出力を上げるのが適切でない場合は、出力は変更せず施術回数を増やすという方法も有効です。

痛みに対する対処法

痛みに対する対処法

 次に、施術の際に生じる痛みの対処法はいくつかあります。
 ヒゲ脱毛を医療脱毛やクリニックで行う場合、施術時の痛みを回避するため麻酔を使っての施術が可能な場合があります。
 しかし麻酔を使う場合当然ですが、施術費用とは別に麻酔代が掛かってしまいますので通常よりも料金が高くなってしまうデメリットがあります。
 また、基本的に脱毛サロンなどでヒゲ脱毛を行なう場合には、施術の際に、冷却用のジェルや、専用アイスパックを使用しながら施術を行いますので、毎回の照射時の痛みを緩和させるために、いつもより冷却時間を長く取ることで通常よりも痛みを感じないよう対処することが可能です。
 どうしても痛みを感じる場合には、施術スタッフの方に冷却時間を長めに取るようにお願いするのも一つの手です。

 徳島メンズ脱毛・ヒゲ脱毛專門QUATTRO HOMMEではお客様の安心安全を第一に考えています。
 万が一施術の際に痛みを感じる場合には、お気軽にスタッフにお申し付け下さい。
 冷却時間の調整などその都度対処を行いますのでご安心下さい。
 また、どの程度の痛みなのか知りたい方に関してはパッチテストを行っておりますので、無料カウンセリング時にお申し付け下さい。

その他のメンズ脱毛の基礎知識を確認する