ヒゲの濃さは遺伝で決まる?。徳島のひげ脱毛はQUATTRO HOMMEへ

ヒゲの濃さは遺伝する

ヒゲの濃さは遺伝する

 実は、ヒゲや体毛の毛の濃さというのは遺伝すると言われています。
 絶対に遺伝するというわけではないですが、あなたの父親がヒゲが濃い場合には、その子供もヒゲが濃くなりやすい傾向にあります。
 これは、体内にある男性ホルモンの割合が親から遺伝されますので、男性ホルモンの割合が多い父親の遺伝子を受け継いで生まれてきた男性は、男性ホルモンの割合が同じように多くなるという訳です。
 その他にも、髪の毛の薄さや、目鼻立ち、輪郭や肌の色などもホルモンによる影響が大きいため、遺伝されやすいと言われています。
 そのため、ヒゲや体毛も男性ホルモンの割合によって大きく左右されるというわけです。

全ての遺伝子が影響されるわけではない

全ての遺伝子が影響されるわけではない

 生まれてくる子供というのは、その父親と母親両方の遺伝子が受け継がれるわけですから、父親の遺伝子が100%受け継がれるということはありません。
 これは遺伝子の染色体の性質が関係しています。
 人間の染色体というのはX染色体とY染色体という2種類の染色体があります。
男性の場合、この染色体はXとYの両方が体内に存在しています。
 女性の場合は、X染色体しか有しておらず、女性の持つ卵子にY染色体の精子が受精することで男児が生まれてきます。
 女性が有しているXX染色体は強い働きがあるため、生まれてきた男の子は母親似になる場合が多いと言われています。
 ただし、身体の部位によってそれぞれ構成されている遺伝子は違いますので、外見が母親似であってもヒゲや体毛が濃くなる可能性は大いにあります。

遺伝しやすい男性ホルモン

遺伝しやすい男性ホルモン

 男の子が生まれた場合、その男の子は父親が有している男性ホルモンの割合を強く受け継ぐ可能性がとても高いです。
 また、父親だけではなく「隔世遺伝」と呼ばれる祖父などからの遺伝を受け継ぐこともあります。
 ですから、祖父のヒゲが濃い場合には、その遺伝を受け継ぐ可能性も十分考えられます。
 毛の濃さ以外にも、髪の毛の薄さも男性ホルモンの影響を強く受けます。
 「薄毛遺伝子」と呼ばれる遺伝子が存在しているため、ヒゲや体毛が濃くても髪の毛は薄くなってしまう可能性があります。
 これは親からの遺伝以外に影響する遺伝子のため、自分の親や祖父が髪の毛がハゲていないからと言って自分の髪の毛がハゲないわけではありません。

ヒゲが濃くなる原因は遺伝だけではない

ヒゲが濃くなる原因は遺伝だけではない

 ヒゲの濃さは親の遺伝によって影響されることはありますが、全てが遺伝によるものではありません。
 普段の生活習慣の影響を大きく受けることがあります。
 男性ホルモンは「テストステロン」「ジヒドロテストステロン」の2種類が存在しており、一般的に聞かれる筋肉や骨格などの男らしいごつごつとした体を出すために分泌されるのがテストステロンです。
 しかしジヒドロテストステロンは分泌量が増えるとヒゲや体毛が濃くなったり、髪の毛が薄くなったりしてしまう悪性の男性ホルモンになります。
 このジヒドロテストステロンが分泌される原因としては、ストレスや睡眠不足などの生活習慣や、タバコの喫煙などによるものが多いと言われています。
 このジヒドロテストステロンの分泌は年齢が30歳になった頃から活発になります。
 ですから若い頃にはヒゲはさほど気にならなかったが、年を重ねるに連れてヒゲが濃くなってきたと感じるのはこのジヒドロテストステロンの影響が大きいと言えます。

濃いヒゲにお悩みの方はヒゲ脱毛がおすすめ

濃いヒゲにお悩みの方はヒゲ脱毛がおすすめ

 これらのように遺伝的にヒゲが濃い場合には、自力で解決するのはほぼ不可能と言えるでしょう。ヒゲ以外にも体格や体質なども同様、手術などを行わない限り変えることはできないですよね。
 それでも濃いヒゲにお悩みで、少しでも薄くしたい、青ヒゲをなくしたいと考えている場合は、ヒゲ脱毛を行うのが一番効果的に悩みを解消できます。
 脱毛といえば女性が行うものというイメージをお持ちの方もいるかも知れませんが、近年では中性化が進み、男性でも脱毛を行うのは一般的になってきました。
 特にヒゲ脱毛は男性特有のためヒゲ脱毛を行っている男性の方はとても増えています。
 今までヒゲに対してお悩みの方で、どのように解決すればよいか分からなかった方も一度ヒゲ脱毛を考えてみるのも一つの手段かもしれません。

その他のメンズ脱毛の基礎知識を確認する