なぜ脱毛中の日焼けがダメなのか。徳島のメンズ脱毛はQUATTRO HOMMEへ

メンズ脱毛と日焼けの関係は良くない

メンズ脱毛と日焼けの関係は良くない

 男性の場合、女性と比べて日に焼けたお肌は健康的で男らしい印象があります。日々体を鍛えていてよりキレイに見せたいと考えている方であれば小麦肌に憧れるのではないでしょうか?
 また夏場などの暑い時期には露出も増えるため意図的ではなくても手足などは日焼けを起こしやすいですよね。アスリートなどのスポーツ選手などは外でいる時間が多いですから小麦肌の方が比較的多いです。
 しかし露出が増える分、キレイな肌にしようと脱毛を考えますが、実は脱毛において日焼けというのはあまり良いとは言えないのです。
 ではどのように日焼けが良くないのでしょうか?

理由はメンズ脱毛の仕組みにある

理由はメンズ脱毛の仕組みにある

 先ず脱毛がどのような仕組みなのかを先に理解頂けるとなぜ日焼けがダメなのか解りやすいかと思います。
 基本的にクリニックや脱毛サロンで行われているレーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛においては日焼けがNGです。
 このレーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛の仕組みとして、黒い毛に含まれているメラニン色素に反応する特殊な光を使って施術を行います。
 レーザー脱毛の場合は、このメラニンに作用させる光を非常に高い出力でレーザー状に照射し、毛穴の奥の毛細胞を破壊することにより脱毛させる仕組みです。
 とても高い出力で行なう分お肌にも大きなダメージが伴います。
 光(フラッシュ)脱毛の場合ですと、メラニンに作用させる光を照射し、毛を成長させる毛細胞に熱を加えタンパク質変性という熱変性を起こすことにより毛に栄養が行き届かなくなり毛は抜けていきます。
 ですからどちらの脱毛方法もメラニン色素に反応させることで熱を加えて脱毛を行うという仕組みになります。

日焼けがダメな理由

日焼けがダメな理由

 脱毛方法の仕組みをご説明したところでなぜ脱毛において日焼けがダメなのかというといくつか理由があります。
 先ず、お肌にもメラニン色素というものは含まれます。これが日焼けによってお肌が黒くなります。
 この黒い色素こそがメラニン色素なのです。
 ですから日焼けをした状態でメラニンに反応する光を使用するレーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛などを行ってしまった場合、お肌にもその光が反応してしまい、通常よりも痛みを伴う可能性が非常に高いというわけです。日焼けをしている状態だと照射時に毛だけに限らずお肌にも反応しやすくなってしまいます。
 そのせいで、本来ならば毛にだけ集中的に照射できていた光が分散してしまい、黒く焼けたお肌へも伝わることで脱毛効果が下がる可能性があります。
 また日焼けというのは紫外線を浴びることによってお肌がダメージを受けている状態です。そのため日焼けによって黒くなったお肌はとても乾燥しやすい状態にあります。そんな状態のお肌に照射してしまうとお肌へのダメージを過度に与えてしまう危険性があり肌リスクが高くなってしまいます。
 このように日焼けというのは脱毛を行なうにおいては悪影響なことばかりが作用してしまうわけです。

脱毛をしてから日焼けを行うのはOK?

脱毛をしてから日焼けを行うのはOK?

 では脱毛を行った後に日焼けをすれば問題ない?と考えた方もいらっしゃるかと思います。しかし、脱毛をしてから日焼けを行うのも良いとは言えません。
 なぜなら脱毛後のお肌というのは少なからずダメージを受けています。
 そのためデリケートな状態で日焼けをしてしまうと、お肌のトラブルの原因となってしまいます。
 基本的に脱毛後のお肌は熱が加わった状態ですから冷却を行うなどの冷やしていくことが大切です。
 ですから熱いお風呂に入ったり、飲酒によって血行が良くなったりすると赤みが出たり炎症を起こしたりする可能性がありますので十分注意しましょう。

過度の日焼けはお肌に良くない

過度の日焼けはお肌に良くない

 日焼け肌を保ちたいけど脱毛もしたいという方は、脱毛期間中は割り切って日焼けをしないように注意する必要があります。
 また年齢の若いうちに日焼けをし過ぎるとシミやそばかすの原因になりますから、脱毛をするしないに関わらず基本的には日頃から紫外線対策を行うのが望ましいでしょう。

その他のメンズ脱毛の基礎知識を確認する