永久脱毛の真実。徳島のひげ脱毛はQUATTRO HOMMEへ

永久脱毛の真実

「永久脱毛」に対するイメージ

「永久脱毛」に対するイメージ

 メンズ脱毛をお考えの方であれば、「永久脱毛」という言葉を必ず一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
 そしてその意味は脱毛をするとそこから永久に毛が生えてこなくなるという認識があるかと思います。
 実は「永久脱毛」の真実は、みなさんが思っているイメージとは大きく解釈が異なります。
 ここでは「永久脱毛」の本当の意味をしっかりと認知して頂いて、これから脱毛をお考えの方の参考にして頂ければ幸いです。

「永久脱毛」とは毛が一生生えてこないということではない。

「永久脱毛」とは毛が一生生えてこないということではない。

 結論から先にお伝えすると「永久脱毛」とは、「毛が永久に生えてこなくなること」を意味しているわけではありません。
 本来、永久脱毛というのは、脱毛を行った後に定められている期間が経過した時点で一定以上の毛が減っている状態のことになります。
 ですから、仮に「永久脱毛」を行ったとしても、今後一生毛が生えてこないツルツルの状態が続くわけではないのです。

「永久脱毛」の定義

「永久脱毛」の定義

 実は日本では、「永久脱毛」の定義というのはありません。
 ですので、アメリカの電気脱毛協会や、FDA(アメリカ食品医薬品局)が作った定義を適用することが多いです。
 以下が上記2機関の永久脱毛の定義です。

電気脱毛協会における永久脱毛の定義:
施術後1ヶ月経過した時点で、毛の再生率が20%以下である。

FDA(アメリカ食品医薬品局)における永久脱毛の定義:
施術3回行った後、6ヶ月が経過した時点で、3分の2以上の毛が減っている。
 このように永久脱毛とは、”全ての毛が生えてこなくなる”というわけではないということです。
 「永久に毛が生えてこなくなる」という永久脱毛は存在しないと思っておいた方良いです。


永久脱毛は医療機関でしか行えない

永久脱毛は医療機関でしか行えない

「永久脱毛」は医療機関でしか行えないという決まりがあります。
 1984年に厚生労働省が「所謂永久脱毛を医師以外が行った場合、医師法違反とする」と定めました。
 ですから現在、ニードル脱毛やレーザー脱毛といった毛の細胞を破壊する行為は医療機関でしか行ってはいけません。
 また2001年には、「医療用機器かどうかに関わらず、高出力の光を照射して毛乳頭などのもう細胞を破壊する機器を、医師以外が使用することも、医師法違反にあたる」と定められました。
 そのため現在では医療機関ではない脱毛サロンは永久脱毛を行えないですし、広告として「永久脱毛」と謳う行為も行ってはいけないという決まりがあります。


永久脱毛でない脱毛方法でも効果はあるの?

永久脱毛でない脱毛方法でも効果はあるの?

 ここまでの永久脱毛についての説明をご覧頂くと、「脱毛しても本当に効果はあるの?」と心配になった方もいるかと思います。
 しかし、継続して施術を行えばしっかりと毛を減らしていくことは可能です。
 ただ、どの脱毛方法を行ったとしても、生えている毛全てを無くすことはできないということを先ずは理解して頂きたいです。
 脱毛サロンで行われている光脱毛や、クリニックでの医療レーザー脱毛でも、毛の再生率を低くすることはできます。
 先ほど説明したように永久に毛が生えないようにするのは不可能ですが、脱毛を行えば気にならない程度まで毛を減らすことは可能です。


徳島でヒゲや体毛のお悩みはQUATTRO HOMME へ

徳島でヒゲや体毛のお悩みはQUATTRO HOMME へ

 徳島メンズ脱毛QUATTRO HOMMEでは、ツルツルの状態に脱毛するだけでなく、毛料を減らすナチュラル脱毛やデザイン脱毛まで対応可能です。
 徳島では数少ない「男性専用」の脱毛店です。在籍スタッフも全て男性となっておりますので、安心してご来店頂けます。
 徳島で脱毛をお考えの方は是非、QUATTRO HOMMEへご相談下さい。


その他のメンズ脱毛の基礎知識を確認する