あご裏のヒゲ脱毛について。徳島のひげ脱毛はQUATTRO HOMMEへ

剃りにくいあご裏のヒゲ

剃りにくいあご裏のヒゲ

 あご裏はあごの先から喉仏の上部付近までの範囲を指します。
 このあご裏に生えてくるヒゲというのは顔の中でも太くて濃い毛が生えやすく、また毛穴も深いところにあるため、毛根自体も他と比べて強い毛が生えている部位になります。
 また、ヒゲ剃りをする際には、カミソリや電気シェーバーが通りにくく剃り残しや、深くそろうとしてカミソリ負けを起こしやすい部位でもあります。
 目視しにくいために深剃りしてしまったり、カミソリ刃が引っかかったり一度は経験があるのではないでしょうか?
 その結果お肌にもダメージを与えてしまいがちな部位でもあります。

デザイン脱毛においてもあご裏は必要ない

デザイン脱毛においてもあご裏は必要ない

 ヒゲを生やしたいという男性も中にはいらっしゃいますが、ヒゲを生やすといっても鼻下やアゴのみの場合がほとんどだと思います。
 アゴのデザイン脱毛で形を整える場合でもあご裏のヒゲが生えていると見栄えが悪くなってしまい、必要ないことがほとんどです。
 デザイン髭を生やす場合でもあご裏の毛というのは結局剃らないといけないですよね。

あご裏ヒゲの正しい剃り方

あご裏ヒゲの正しい剃り方

 ヒゲを生やす場合でも生やさない場合でも基本的に処理が必要なあご裏のヒゲですが、先述の通りお顔の中でも特にキレイに剃るのが難しい部位でもあります。
 正しくあご裏のヒゲを処理するには、シェービング専用のジェルやムースなどを使用するのが望ましいです。
 面倒だという理由からシェービング剤を使用せずにそのままカミソリ刃などを当てる男性が多いですが、実はお肌が乾燥している状態でヒゲを剃ろうとするとお肌を痛めてしまう原因になってしまいます。
 ですから、ひげ剃りを行なう前にはしっかりとシェービング用のジェルやムースなどを使用するようにしましょう。
 また日頃から化粧水や保湿を行っておくと、お肌が乾燥しにくくなり、お肌を痛めるリスクを抑えることができます。
 カミソリ刃を当てる際は、深剃りをしようとせず、できるだけ軽い力で繰り返し往復するとカミソリ負けを起こしにくくなります。

あご裏のヒゲ脱毛

あご裏のヒゲ脱毛

 あご裏のヒゲ脱毛の場合、太くて濃い毛が密集している場合が多いため、他の部位と比べると少し痛みが伴う場合がありますが、痛みのイメージとしては輪ゴムでパチンと弾かれたような感覚をイメージして頂ければ分かりやすいかと思います。
 とは言っても、施術を繰り返し行い、あご裏の毛がどんどんと薄くなるに連れて痛みも少なくなっていきます。

あご裏のヒゲ脱毛のメリット

あご裏のヒゲ脱毛のメリット

 あご裏のヒゲ脱毛を行うことで、毎日時間をかけて行っていた自己処理の手間がなくなります。
 またヒゲ剃りを行う機会がどんどんなくなっていきますので、お肌が回復していきキレイな状態を保つことができます。
 また、毛穴が縮小することで美肌効果も現れます。
 あご裏は特にカミソリ負けや深剃りを起こしやすい部位でもあるため、こういったお肌のヒリヒリなどでお悩みの方はヒゲ脱毛がオススメです。
 今まで目立ってしまっていた剃り残しでお悩みの方も、あご裏のヒゲ脱毛を行えば剃り残しに悩まされる心配はありません。
 オシャレで顎ヒゲを生やしている方の場合でも、あご裏をヒゲ脱毛することでデザイン髭とのメリハリが付きますので、よりキレイにデザイン髭を見立たせることができます。
 また、デザイン髭の場合は毎日形を整える手間がかかってしまいますが、あご裏のヒゲ脱毛を行うことでお手入れの手間が省けます。

あご裏ヒゲでお悩みの方はヒゲ脱毛がおすすめ

あご裏ヒゲでお悩みの方はヒゲ脱毛がおすすめ

 あご裏は特に見えにくく剃るのが難しい部位になります。
 面倒な自己処理やカミソリ負けでお悩みの方や、デザイン髭のお手入れでお悩みの方はあご裏のヒゲ脱毛がオススメです。
 徳島メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門のQUATTRO HOMMEでは特にヒゲ脱毛が人気の部位となっております。
 根強いヒゲに特化した脱毛方法で効果的にヒゲ脱毛を行って頂けます。
 先ずはお気軽にお問い合わせ下さい。

その他のメンズ脱毛の基礎知識を確認する